学校へ行かなかった日は
家から一歩も出られません 。
学校へ行かないことは「悪いこと」だと思ってますから。
外に出るなんてとんでもありません。
うっかり外で誰かに会ったら、
学校をさぼって何をしているんだと思われるかもしれません。
隠れていないと…。 

塾の講師をしていたころ
不登校になった子がいました。
お勉強のできるおっとりした子でした。


塾の教室では
仲の良い子たちが心配します。
それで
「学校へ行かなくてもいいから塾へ遊びに来るといいね」というと
子供達が「そうだね」と楽しそうに賛成しました。

あとで、仲の良い子たちがそれを本人に伝えました。
でもお母さんに却下されたそうです。
学校へ行かないのに
塾に行くなんてとんでもないと。
学校は「公」で、塾は「私」ですから、
…まあ当然の感覚ですが。

学校へ行かなくても塾へ行くという
普通では「間違ったこと」をあえて言ってしまいましたが、
何でもいいから、常識にとらわれず
息抜きをさせたいという感覚でした。

常識というカプセルにはまると不登校の子はツライですね。
学校へ行かなくても外へ出てもいいのに。

不登校の子が週一ですがひとりで遊びに出かけると聞いて嬉しくなりました。
 



私と一緒に勉強したい方

家庭教師自己紹介のページへ
プロフィール・講師歴のページへ
プロ家庭教師 生徒募集要項のページへ