今更ながら、はまっています。
マンガやアニメは本当に侮れない…
夏目友人帳
アニメも原作もいい。読んだ後味がいい。
コミック全巻を揃えたのは本当に久しぶりです。







設定が興味深いです。
以下は友人帳ファンなら知っていることばかりですが…


妖が見える夏目貴志が主人公
幼くして両親を失う。
周囲の人には妖怪は見えません。
夏目少年は
何もないところで驚いたり、転んだりします。
周囲はそのとばっちりでケガをすることもあり、
夏目は異様な少年に見えました。
他の子供にけがをさせることもあり、
施設に預けられず親戚の家をたらい回しされ育ちます。
親戚側は悪い子じゃないけど気持ち悪いと、
夏目少年は気を遣うのですがそれも裏目に。

みかねた、遠縁の藤原夫妻が夏目を引取り、
高校生活が始まるところから本編が始まります。
(藤原夫妻に引き取られた頃の過去のエピソードは結構泣けます。)

表題の「友人帳」について
友人帳とはそれに名前を書いた妖を支配できる絶大な力があります。
夏目には若くして亡くなった祖母レイコがいました。
レイコも妖が見えました。友人帳はそのレイコの遺品です。
妖に名前を返せるのは、レイコの唯一の血縁者の夏目だけです。
夏目は妖を支配せず、名前を返すと決意します。

夏目貴志とは
頼まれると弱い。
妖力が強く、妖怪にとって美味しそうで食べたい存在。
夏目は妖怪に追いかけられても逃げることが主で、積極的に闘いません。
(学習能力がないと突っ込みをいれるファンもいるようです。)
追い詰められるとゲンコツでなぐります。これは結構効き目があります。
基本的に妖怪の斑(まだら)に助けられます。

おもしろい、妖の基本設定
妖たちはは夏目をレイコと間違えます。妖たちには性別は重要事項ではなく、血縁者は同じ匂いがします。「1-12五日印」でレイコ大好きで男嫌いの妖ヒノエは初めて会った夏目をレイコと思って抱きついてから「胸がないっ」と慌てました。
更に人間の一生は妖怪にとって一瞬の短さです。ここから色んな物語が生まれます。妖が久しぶりに人間の友達に会いに行くと、とうの昔に死んでいた…そのスパンの違いが妖と人間の恋にも影を落とします。


お話に欠かせないキャラクター。

夏目の用心棒の妖「斑(まだら)通常はニャンコ先生」。
レイコを知っており、妖怪のことを夏目に教える先生でもあります。
通常、招き猫の姿で普通の人にも見えます。本来は巨大な白いきつねのような妖です。きまぐれな感じが魅力的です。おしゃべりで余計なことを言って夏目のゲンコツを食うことも。夏目と利害関係で用心棒をするのですが、だんだん夏目に情を示すようになります。ただ、夏目で処理できるときは助けないし、気ままに留守にするので、その間に夏目が事件に巻き込まれます。声優、井上和彦さんが、斑の時と、ニャンコ先生の時の声を別人のようにガラリと変えて演じ分けています。

声優さんの声がきれいな、キャラクター二人。 
名取周一。
表の仕事は俳優、裏の仕事は妖怪の祓い屋です。
名取家はかつて祓い屋の名門でしたが妖が見える人がいなくなり、祓った妖の恨みを恐れる家になりました。やっと妖との縁がきれたと思ったら、妖が見える周一が生まれます。家族は見えることを忌み嫌います。周一の皮膚にヤモリ型のアザのような妖が幼いころから住みついており、体中を移動します。
現在の周一は
女性たちを魅了するオーラを出し、周囲からうさんくさいけど魅力的と言われてます。周一を「うさんくさい」とする表現がおもしろいです。意味を調べると納得。男の友達は夏目だけのようです。
アニメでは
周一が登場すると周囲に花が咲き、テーマ曲「輝いてごめんね」が流れ楽しいです。
声優は石田彰さん。この方の表現力がすごいです。短いセリフに複雑な心情が感じられたときはゾワッとしたこともあります。


的場静司。
祓い屋の名門の若き頭主。利があれば、妖怪にも人間にも容赦しない合理主義者。的場家の代々の頭首はある事情で妖怪に右目を狙われ続けてます。静司も狙われ、ひどい傷が右目にあり、布で隠しています。ロン毛で眼帯…イタイ外見らしいですが。彼のセリフがおもしろい。
「君も利用できるものは利用すればいいんですよ。何だって」
「私はよく言葉を間違える」
「では言い方をかえましょうか」など。
口調は丁寧なのに内容はきつい。
作者は静司の言葉は描くのに気を使わなくていいと言ってます。
声優・諏訪部順一さんの深みのある声が、静司の独断的で冷静、冷酷だけど悪人とは言えないキャラクターを表現しています。


アニメのストーリーはざっと次のようなものがあります。
※サブタイトルの前の数字は、アニメのシーズン数と各シーズン内の話数です。

基本は巻き込まれ系ですが。

妖怪に協力、協力せざる負えない系
「1-10アサギの琴」「2-1奪われた友人帳」「2-2春に溶ける」
「3-10割れた鏡~3-11映すもの」「4-10月分祭~4-11祀られた神様」等

友だちに協力系 
 夏目の能力を理解している友達、多軌が登場する、 
 「2-6少女の陣~2-7呼んではならぬ」「5-5結んではいけない」等



ほのぼの系 
「3-13夏目遊戯帳」妖怪とかげふみで遊ぶ。途中から命がけの?かげふみになる。
「5-7音無しの谷」夏目をレイコと勘違いして遊びたがる妖。
「5-11儚き者へ」妖怪から見た夏目です。ラストシーンがきれいです。
かわいい妖怪が主役
「1-7子狐の帽子」「1-11ニャンコ徒然帳」「5-2悪戯な雨」「5-9険しきをゆく」等。
「2-5約束の樹」アニメオリジナルと原作を融合。レイコと妖ヒノエの原作エピソードも。
「2-4雛、孵る」「4-3小さきもの」妖怪は可愛いけど、お話としては少しコワい。



つながり系 きれいな話が多いです。
妖と人間
「1-4時雨と少女」「1-2露神の祠」「4-4代答」等。
「6-4違える瞳~6-5縛られしもの」は廃業した祓い屋と使役されてた妖の話。せつないです。 
妖怪と人間の恋
「3-3偽りの友人」「1-6水底の燕」「1-8儚い光」「4-4代答」(既出)等 
妖怪同士
「6-2明日咲く」妖の師匠とその弟子。



ホラー要素が特に強いもの  
「1-12五日印」たぶんホラー系…。ヒノエが初登場し、話の終わりで彼女の夏目への言葉がいい。
「2-3妖退治、湯けむり行」名取と温泉に行きますが、そこで出会う妖がコワい。
「5-1変わらぬ姿」夏目をレイコと間違え、要求をかなえないとお前の大事なものを奪うと脅されます。みためはコワくない妖ですが、言動がコワい。
「5-7秋風切って」学校が舞台。妖が人間にとり憑いて夏目の過去を知りたがります。
「6-3二体さま」特にコワいかも。
 
祓い屋と夏目
名取 
「1-9あやかし祓い」で名取初登場。
「2-3妖退治、湯けむり行」(既出)、「2-11呪術師の会」「2-12廃屋の少年~2-13人と妖」「4-6硝子のむこう~4-7人と妖の間で」「4-10月分祭~4-11祀られた神様」(既出)「6-4違える瞳~6-5縛られしもの」(既出)、「6-10閉ざされた部屋~6-11大切なモノ」等
名取と的場
「3-6人ならぬもの~3-7祓い屋」で的場初登場。「5-3祓い屋からの手紙~5-4連鎖の陰」等
「5-8歪みなき世界」は高校生時代の名取と的場、二人の出会い。夏目は登場しません。
的場
「4-1とらわれた夏目~4-2東方の森」
的場の登場エピソードはアニメは6話+過去編1話…意外と少ないですね。



過去編 胸がいたむ話が多いです。
「3-4幼き日々に」妖から見た小学生の頃の夏目です。
「4-5過ぎし日の君に」は中学時代の同級生の視点。アニメオリジナルエピソードと融合。
「4-11一枚の写真~4-13遠き家路」小学生の夏目。夏目視点と親戚の女の子視点。
「5-8歪みなき世界」(既出)名取と的場の高校生時代。
夏目が藤原夫妻に引き取られた頃 
「3-12帰る場所」は夏目側の話。秀逸です。夏目がある妖に襲われ過去に引き戻されます。
「5-10塔子と滋」は藤原夫妻側の話。妖怪は登場しません。

「5-8歪みなき世界」(既出)名取と的場の高校生時代。夏目は登場しません。

祖母レイコのエピソード 
レイコについては詳しいことがわかりませn。夏目は妖を通して断片的に知ります。
「2-10仮家」実はレイコと小学生の滋が面識があった。現在と過去の事件とがリンクします。
「5-1変わらぬ姿」(既出)妖に夏目はレイコと間違われ、妖の要求に答えないと…脅されます。
「6-7ゴモチの恩人」妖ゴモチが語るレイコさんの話です。レイコさんの人柄が垣間見えます。



夏目が妖を見えることを知らない友達視点の物語
「6-6西村と北本」妖が見えない友人からは夏目は神秘的に見えるらしい。この物語でも妖はちょっかいをかけてくるのですが、西村や北本は見えないので妖の姿は出てきません。ニャンコ先生の姿はもともと人間にも見えるので登場します。

「5-11儚き者へ」(既出)は妖から見た夏目。夏目は狸や猪よりも下の弱い存在なようです。最後の場面がきれいです。

夏目と友人 妖を見えることを理解してくれる友人田沼、多軌等が登場。
「3-10割れた鏡~3-11映すもの」(既出)田沼が妖にとりつかれます。
「4-6硝子のむこう~4-7人と妖の間で」(既出)田沼が夏目を助けようと妖の世界に足を踏み入れますが、それが夏目の不安を煽ることになります。せつない話です。
「6-1つきひぐい」夏目が妖に子供にされ田沼や多軌のことなど現在の記憶が飛んでしまい、孤独な子供時代に戻ってしまいます。田沼たちが友達だと言っても信じられません。やがて「本当だったらいいな」と言い出す子供姿の夏目がせつないです。
「6-3二体さま」(既出)こちらの話は田沼たちの協力がうまくいったようです。


はっきり分類しきれませんが、いろんな要素が複合してバラエティに富んでいます。

原作は今も連載中で、23巻もでました。
長期連載はなかなか、スタンスを守るのが大変だと思いますが
いちファンとして楽しませて頂きたいです。

夏目友人帳②何に惹かれたのかページへ



私と一緒に勉強したい方は