子供がある程度出来るようになると、出来ない部分ばかりを繰り返し勉強させたくなります。しかし、それが続くと子供はだんだん元気がなくなり、あげくに好きだったはずのその科目を素直な子供さえ嫌いと言い出します。
 そこではたと反省…出来るようにしたくて自分が突っ走っていたのに気づきました。
 どんな子供だって出来ないことばかりさせられたら、嫌になって当然です。まして、学習障害の子は出来るようになるまで時間が必要です。その間ずっと出来ないことばかりさせられたら…ただでさえ、「出来ない」と言われ続けた子には辛いです。それで内容を変えました。出来るものを増やして、出来て欲しいものの量を少しに減らしました。もちろん出来ないからと諦めたわけではありません。でも勉強を楽しませる配分は考慮することが必要です。
 子供達の苦手集中は受験勉強のように目標のある場合以外はしません。


私と一緒に勉強したい方 ↓
家庭教師自己紹介のページへ
プロフィール・講師歴のページへ
プロ家庭教師 生徒募集要項のページへ