rabit1  たし算、ひき算など計算が全くできない教え子がいました。サヤエンドウの絵やクッキーの絵などで計算するカラフルで可愛いプリントを用意しても興味を示しません。
 一緒にプリントをした後、「わかったかな?」と、同じプリントを再度やってもらうと全部間違い…。
 実物なら理解しやすいかと、計算球、ブロックをつかったり、小さなお皿を何枚もつかったりしましたが、動かしたり転がしたり、電車ごっこになどになります。関心が別な方向へ行き、計算どころではなくなりました。
 
そこで、計算を「強制」するよりも、ゲーム感覚で算数を楽しませた方がいいと思いました。
 苦手だと思うものをやりたがる子はいません。
 嫌なのにやらせたら、もっと嫌になり更に出来なくなります。
 
 始めたのがサイコロゲームです。
 サイコロ2個用意して、先生と生徒で交互に振り、二つのサイコロの合計数が多い方が勝ちというゲームです。手書きで10回戦の勝敗表を作りました。合計数の多い方に〇少ない方に×をつけました。勝敗表にさりげなく「6+3=9」などと足し算の式を書き込みました。だんだん、教え子もおもしろがるようになり、時には式を自分で書き入れたがるようになりました。
 足し算ができなければ、予め一緒に紙に式と答えを書き出しました。計算ができなくてもいいです。答えを見ながらでもかまいません。 算数が「楽しい」と思ってくれればしめたものです。

 サイコロの絵の計算プリントはその日の宿題用に作りました。左下のボタンからPDFファイルでご覧になれます。
 
 訪問すると、教え子がサイコロを持って待ち受けてくれるようになった時はうれしかったです。

"サイコロでたし算”


私と一緒にお勉強したい方は↓
教師自己紹介のページへ
プロフィール・講師歴のページへ
プロ家庭教師 生徒募集要項のページへ