本を読むと字や行をとばして意味が通るように読めない子は、「見え方」が原因ではと思います。もしかしたら文章の行と行が波打って重なって見えているかもしれません。その「見え方」は本人にとって普通なので「読みにくい」と思いもつきません。むしろその「見え方」で他の人はちゃんと読めるんだと思います。そして「自分だけできない」と落ち込みます。だから本人は読みにくいとは主張することさえもうかびません。周囲がよく見なくては気付けません。
  読むとき、本に定規あてて隣の行を隠すと読むのが楽になります。ずっと定規をあてて読んでいるうちにあまり定規をあてなくても読めるようになることもあります。
 そのような「見え方」で本を読もうとするのは視覚に負担がかかって…もしかしたら、頭痛を伴うなど疲労も大きいのではと…想像します。



私と一緒に勉強したい方 ↓
家庭教師自己紹介のページへ
プロフィール・講師歴のページへ
プロ家庭教師 生徒募集要項のページへ