以前、書店の店頭に高校レベルの数学を大人向けに編集し直した本が平積みされて大々的に売られたことがありました。大人が数学を楽しむようになったということでしょうか。

 私は子供の頃、数学がそれほど得意ではありませんでした。今は楽しめます。論理的思考が大人になって育ったのかもしれません。

  数学(算数)に必要な…論理的理解力の発達のスピードはその人、その人で違います。早い人もいればゆっくりな人もいます。

     一昨年ですが、数学で苦労したある方の手記を思いだしました。覚えていることを書きます。

    その方は中学校で数学が分からなくなり、高校生では完全に受け付けなくなりました。ただ英語は得意です。運の悪いことに高校の担任は数学の先生でした。「英語はできるのだから…数学はできないはずはない、怠けているんだ」と誤解され辛かったそうです。
 大学は入試科目に数学のない学部を選びました。その後、教師をめざし、どうしても数学が必要になりました。やむを得ず久しぶりに数学の勉強を始めました。すると今までのことが嘘のように分かるのです。どうしてだろうかと自分でもびっくりしました。多分、就職で必死だったこともあったかもしれないが、数学を理解できる脳の回路が育ったからではないかと思ったそうです。
 
 その方は数学が出来ない程度のことで苦しんではいけないと結んでおられました。 
 
 大分前のことですが、私もこんなことがありました。当時小4の教え子は小数ができません。いろいろ例を使って説明しても解けません。小数点をずらすところから受け付けないのです。やむおえず、その単元をとばしました。ところが、その4か月位後、再び小数点を解かせました。そしたら、ほとんど説明もしていないのに簡単に解けました。あんなに手こずったのがうそのようでした。
 子供の先のことはわかりません。
 追い詰めるのも諦めるのもどちらも正しくありません。「育つのをあきらめないで待つ」ことが大切です。



私と一緒に勉強したい方 ↓
家庭教師自己紹介のページへ
プロフィール・講師歴のページへ
プロ家庭教師 生徒募集要項のページへ